忍者ブログ
やる気のないブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

えーっと、後日談←(直した)になります

SS書くの久しぶりだから

ヘタレでも許してね?

ではでは、どうぞー

富士山での戦いを終えた辰姫は、仲間達に別れを告げて神社へと帰ろうとしていた・・・

「・・・・・・」

が、死んでいた

「・・・も、もう二度とあんなもんには乗らんぞ・・・」

ずるずるとはいながら、彼女が向かう先は

古い付き合いである、浅間神社であった

「も、もうちょっと・・・じゃ・・・・・・」

「あれ、ばーさん?」

「誰がババァじゃ!!」

ババァという単語に反応して辰姫が振り返ると

そこにいたのは同じく、古い付き合いの無頼であった

「うおっ、生きてた・・・って、何やってんだ?」

「せ、先生・・・お知り合いですか?」

フレイアも無頼の背中から、ちょこんと顔を出す

「ううっ、これには色々と深い事情が・・・けほっけほっ」

「・・・まー、辰姫さんがそんなになるぐらいだから、相当ヤバいことがあったんだろうな
よっと」

そういうと無頼は、地面に横たわる辰姫をひょいとつまみあげ、そのまま背負った

「わ、何をするんじゃ!?」

「このまま這いつくばられても俺らが怪しまれんだよ、どーせ浅間神社だろ?
通り道だしこのまま行こうぜ」

「ええい、坊やに背負われるほど老いてはおらんわ!はーなーせー(じたばた」

「暴れんな!いてっ!?いてえよバカ!」

嫌がる辰姫を無視し、そのまま無頼は辰姫を背負って歩き始めた

「あ、先生・・・まってくださーい!」

それを追いかけて、フレイアも歩き始めた


「へー、巨大ロボねぇ・・・」

浅間神社で出された団子をほおばりながら、無頼が喋る

「大変だったんじゃぞ?ま、わっちの大活躍で見事粉砕してみせたがのう」

えっへん、と胸をはる辰姫だが

「這いつくばって神社に行こうとしてた人が大活躍なんて、俺には信じられねぇな~?」

と、意地悪そうに無頼が言う

「う・・・うるさい!今日はたまたまお腹が痛かったんじゃ!!」

「ふぇ、だだ大丈夫ですか!?」

「信じるなバカ」

団欒をしながら、団子をほおばる三人・・・

聞けば、無頼達もこの事件を追ってここまで来たのだが

たどり着いたときには既に終わっていた、ということだった

「なにしに来たんじゃおぬしら・・・」

「這いつくばってるばーさんを見るた

ぐしゃり、と無頼の顔に足形ができる

「ほう、すまんよく聞こえなかったのじゃが・・・もう一度言ってくれるかの?」

「任務に遅れてもうしわけありませんでした辰姫お嬢様」

「フン、わかればよろしいのじゃ」

「せせ、先生ー!?ヒールヒール・・・」


「雛乃は、元気かの?」

「んー?・・・そういや、最近会ってねぇな」

「たまには顔を出さんと、あいつも寂しがるぞ?
今頃は別の男でさびしさを紛らわし・・・おっと」

無言で放たれた無頼の槍の一撃をさっとかわし、いじわるそうな顔で辰姫がほほ笑む

「よほほほ、ムキになるなんてまだまだお子ちゃまじゃのう~♪」

「うるせえ!あーっ・・・クソ、わかってて言うんじゃねえよ・・・」

「ひ、あ・・・あの、えとー・・・雛乃さん・・・って?」

場をなだめようと、フレイアが何とか出した声は、見知らぬ人の名前であった

「あ?・・・あー、そういやフレイアは会ってなかったか」

「こいつの恋人じゃ」

「なっ・・・バカ、ちげえよ! えーっとだな、日暮荘・・・俺が住んでた孤児院にいる、幼馴染だよ」

顔を赤くして否定する無頼、そんな無頼を見てフレイアは、少し複雑だった

「恋人・・・」

「ちげえっつってんだろーがー」

「あぅあぅー・・・痛いですせんせぇ~」

「ふむ、でも本当にあってないのじゃろ?たまには顔を出したらどうじゃ」

フレイアの頭をぐりぐりとし続ける無頼に対し、辰姫が切り出した

「あー・・・まぁ、そうだな・・・・・・こっからなら名古屋よか近いか」

「わっちもたまには、顔を出すかの~♪」

頭をボリボリとかく無頼、辰姫は団子を食べて元気になったのか

その場からぴょんっ、と飛んで立ち上がった

「あ、えと・・・」

「来るか?」

迷うフレイアに、無頼が尋ねる

「え、い・・・いいんですか?」

「悪い訳ねーだろ、そうときまりゃとっとと行こうぜ、ごちそーさんでしたっ」

「よほほ、久しぶりに会えるとわかって上機嫌じゃの~」

「だから違えって・・・あーもう、とっとと行くぞ!」

「よほほほほ~、じゃあのー浅間ちゃん(仮名) また来るからの~」

「ま、待って下さい二人とも~~」


浅間神社を後にし、歩き始める三人

懐かしい顔に会えた辰姫の顔は

どこか、嬉しそうだった



うん・・・うん?

後日談??

まあ、後に合った話だから間違いはないよね

日暮荘のSSも書きたいなー、と思った俺でした
PR
この記事にコメントする
HN
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ダントツで早かねー
フヒヒ、編集ちっとも進まねぇ
2009/07/21(Tue)21:38:11 編集
無題
なんとなく勢いで書いたからねー
頑張ってー、俺もシナリオ作成頑張る
さん 2009/07/23(Thu)23:52:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ゲーマータグ
さぽている
カウンター
プロフィール
HN:
さん
年齢:
8
性別:
男性
誕生日:
2008/08/18
趣味:
ゲーム
自己紹介:
適当に


連絡先
saikoro_1221あっとyahoo.co.jp
最新コメント
[08/09 八岐大蛇]
[07/12 トシアキ]
[05/03 トシアキ]
[07/23 さん]
[07/21 t]
最新記事
(06/26)
(08/08)
(07/12)
(04/28)
(10/09)